エスケープシークエンス

こんにちは。ヨシトキです! 勉強しているとついブログに書き損ねてしまうのでこれからはメモのような勢いでこまめに書いていきたいと思います。   まず、ここ最近 「Java言語 プログラミングレッスン 上巻 結城 浩著」 を使って勉強しているのですがその中で付箋をつけたところを紹介します!  

今回はエスケープシークエンスについて!

  理由は二つ ・前回も書いたのですが最初に習った環境がWindowsだったのでMacでの使い方が違うこと。 ・あまり使うことがないので忘れていたこと です!   あまり経験がない故に使ってないと忘れちゃうもんですね、、   今回学んだのは以下! \b バックスペース \t 水平タブ \n 改行 \f 改ページ \r 復帰 \” ダブルクォート \’ シングルクォート \\ バックスラッシュ   今まではWindowsだったので¥がエスケープシークエンスだったのですが、Macだとバックスラッシュを使用するのです。これが最初知らずに頭が???になっていました。   しかもMacでバックスラッシュを入力するときは option(alt) + ¥ で入力されるんです!これも知らなかった。。   この先エスケープシークエンス出てくるとは思いますが、気をつけたいと思います!

これは納得!!〜Webディレクター編〜

こんばんは、うさです。 今回は、エンジニアと直接関わるものではないですが、 今後クライアントと話す機会があれば役立つ!!と思ったのでメモ程度に(笑)   本日、無料動画のオンライン学習サイト「schoo」でwebディレクターについての授業を拝見しました。 新米ディレクターとベテランディレクターの違いは?といった内容で クライアントに対してどういったヒアリングをするべきなのかデモンストレーションを行っていました。   もちろん、新米とベテランだとヒアリングの仕方からスピード感まで何もかも違って書ききれないので、 一番なるほど!!と納得したものを一つ紹介します。   設定としては、【年賀状印刷のWebサイト】メインバナーのデザインに対するヒアリングです。   そのヒアリングの際にベテランディレクターは   ・サイト利用者のターゲットについてをホワイトボードに ・メインバナーのイメージデザインを紙に   それぞれ書いて提案・相談していたんですね!! それぞれ書き分けた理由はわかりますか??   これには明確な理由があり、 ホワイトボードはそのお題に対して客観視すべきものの為、ある程度の距離を取る必要があるとのこと。 一方、紙はお互いが一緒になって考えて作るものの為、距離を近くした方がよいということでした。 これらを逆にしてしまうと決まるものも決まらなくなってしまうみたいですね。 これを聞いたときは「おお!!」と今年一番の納得をしてしまいました。(笑)   今後、クライアントさんと話す機会は少ないと思いますが、 内容によって距離感を考えて、提案をしていきたいなと思いました。 以上、うさでした。

プログラミング初学者の隙間時間の利用法

こんばんは グロースハッカー3人目のイノマーです! 出遅れてしまいましたが、二人に負けないようにがんばっていきます!   今日はプログラミングを意識して日頃やっているトレーニングを紹介します。   プログラミングが楽しすぎて、正直言うと、四六時中何者にも邪魔されずにコードを書いていたいくらいです。笑 移動中の車内やお風呂に入っているときでさえやりたくて溜まりません。(ちょっと言い過ぎ、、、実際にやってる人は知っていますが笑) でもさすがに難しい、、、 そのかわり隙間時間を使い、コチラで頭の体操をしています。 タイトルからやる気をそそられますね笑 プログラミング初学者にとってはまだ特に必要のない部分かもしれませんが、いずれ論理的思考が身に付いているかどうかは大きな違いになってくるはずと思い、プログラミングを学習し始めたときからこういった書物を読んでいるのですが、これがなかなか面白い。 内容は複数のケーキを相手より、より多く食べるには限られた選択権がある側と切り分ける側のどちらが論理的に優位かなど本当に良くある論理パズル 難易度もピンきりで30分の移動時間で1問も解けないなんてこともよくあるほど、、、 ただやりがいはあります!笑 いかに早く論理的に答えを導きだせるかなので30分が1つの区切りとしてちょうどいい ポイントは大学受験で活用した数学のチャート式の使い方とは違い、分からなかったらすぐ答えをみるのではなく、30分間のうち10分は考えること はじめのうちは考えられるパターンや解法をすべて試すことです。 どうしても答えを導きだせなかったら、解答をみましょう! 親切な解釈付きなので解答を読むだけでかなり論理的思考が養われます。   他にも     こちらは全体的になぞなぞ要素が強いもののゲーム感覚としてはかなり楽しめる1冊   コードを書けない空き時間にはこう言った学習をしています!        

WordPressも頑張ります!

こんにちは、ヨシトキです!   色々な勉強をして、ブログを書いて、分からないことを調べるにあたり検索したとき気がついたのですが・・

どこのページもすごくスタイリッシュ!!

どのページもとても工夫してありすごく見やすかったりインパクトがあったりするのです。   しかしプログラミングだけでなくWordPressも初心者(このブログを始めるまで知りませんでした)の私。

なので

せっかくなのでWordPressを変えた時なども記事を書いていきたいと思います!  

早速ですが、いくつか変更してみました!

というより、まずWordPressというものがどんな感じなのかいじくってみた感じになります。 今回気になって変更したのはサムネイルの画像!   このページはテンプレートとして用意してあるhuemanというテーマを使用しており、記事を書くとサムネイルが表示されます。 しかし、ふつうに記事を書いて画像を埋め込んでもサムネイル画像には表示されず毎回手動で設定するようになっています。 もちろんこの方法でもいいのですが、少し面倒!   そこで今回は自動でサムネイルを入れてくれるプラグインを導入しました! 「Auto Post Thumbnail」 というプラグインで、自動でサムネイルを入れてくれるだけでなく、過去のサムネイルのついていない記事にも自動で入れてくれます。 これでサクッと画像を入れることができました!   もちろん画像のない場合は表示されないのでその場合用の画像もいずれ作っていきたいなぁと思っております。   うーん、キャラが定まらないので文体がおかしいですが以上!ヨシトキでしたー!
PluginFile

パソコンにeclipseを入れる時

こんにちは、よしときです。少し時間軸がずれてしまいましたが、今日友人と話していて書かなくてはと思ったのでeclipseについて書こうと思います!   まず、javaを勉強するにあたりテキストエディタを使っても良いのですが、どうせならこの先使うeclipseを使っていきたいと思い勉強用のパソコンに導入することとなりました。(全文打ったりするのも大変ですし…) しかし、いままで勉強してきたパソコンはウィンドウズ、私が使っているのはmacということですんなりとはいきませんでした。   何が大変だったかというと、

日本語化が一括でいかない!

ショートカットが違う!

の二点です。   ダウンロードするにあたり、ウィンドウズの場合PleiadesのPleiades All in oneをダウンロードすれば一通りそろった状態でダウンロードできるらしいのですが、macの場合はEclipseよりダウンロードし、日本語化する為のプラグインをPleiadesよりダウンロードし、組み込まなくてはなりません。 もちろんやり方は分からなかったので検索しました。分からないことはとことん検索します! 両方をダウンロードしてからの方法はたくさんあるようですが、今回は直接プラグインに入れる方法を使いました。 手順としては簡単で、先ほどの日本語化プラグイン本体をダウンロードすると手に入るpleiadesの中にpluginsfuturesというフォルダからあります。その中身をeclipseのファイル内のpluginsfuturesの中にコピーするだけです。 入れた後がこんな感じになります PluginFile FuturesFile   それぞれeclipse傘下のfutures,pluginsのフォルダにいれることが出来ました。 これがすんだ後
  1. eclipseのアイコンを右クリックし、パッケージの内容を表示
  2. コンテンツファイル内のeclipse.iniを右クリックしてテキストエディタで開く
  3. 最終行に下記の文を追加
  4. 保存しeclipseを起動
すると最初のワークスペースを選ぶ画面が無事日本語になっていることを確認できます。 これでようやく使える。。。   しかし!まだまだ終わらない初期設定!! いや、使えるのですが。

Windows環境でのeclipseになれてしまったせいでショートカットが非常に使いづらい!

というか分からないレベルになってます。   そこでショートカットの確認をすることから始めました。   調べてみると基本的にはCtrlがコマンド⌘に変わるだけなのですが、eclipseで一番使うコンテンツアシスト機能が初期状態だと使えないのです。 初期だとコントロール(^)+Spaceなのですが、これはmacでは初期設定としてSpotlightのショートカットなのでそちらが優先されSpotlightが開いてしまいます。

そこで

macのspotlightのショートカットを解除することで使えるようにはなるのですが、そもそもwindowsとは大きくキー配置が違うのでeclipse側のショートカットをかえることにしました。   方法は簡単でeclipseを開き
  1. メニューバー(ツールバー?)のEclipseより環境設定を開く
  2. 一般の傘下のキーを選択
  3. コンテンツアシストを選択しバインディングの欄を選択
  4. 好きなショートカットを押す
これで変えることが出来ます。基本的にすでにあるショートカットを選択すると不具合がでるので、まず先に使いたいショートカットが存在しないか確認してから決めるといいと思います。 私はShift+Spaceにしています。ありそうなショートカットですが偶然にも(?)なかったのでこれに決定!   これで少しは勉強しやすくなりました。     ちなみに今のところ使ったショートカットをいくつか紹介します。 コマンド(⌘)+D 一行削除 Control(^)+. 単語補完 Option(alt)+コマンド(⌘)+R 名前変更(リファクタリング) コマンド(⌘)+Shift+F フォーマット コマンド(⌘)+Shift+F11 実行     以上!よしときでしたー!
image-1

デザイナーとしての技術を身につけるべく!!

こんばんは、うさです。 本日は、グロースハッカーになる上で、必要な能力の1つでもあるデザインを リナックスアカデミーさんで学んできたので、その内容を書こうと思います。   そこではPhotoshopとIllustratorの基本的な機能を習い、 最終的にCDジャケットを作ってみるといった流れで計15時間程勉強しました。   僕自身、今までPhotoshopとIllustratorは使ったことがなく、1からのスタートだった為、 だいぶ苦戦をして最終的なCDジャケットを作るに至りました。 image-1   僕はサッカーが好きなので、こういったものを作ってみたのですが、 正直、デザインとしてどうなんだろうって感じですよね!! まだまだ知識がないため、どこをどうすれば良いものになるのかもわからないため、 今後は、プログラミングの勉強と並行してデザイナーとしての勉強もしていきたいと思いました。 以上、うさでした。    

グロースハッカーへの道

はじめまして! よしとき と申します。 本日より一人前のエンジニア、もとい

一流のグロースハッカーへの道

をブログにし記していきたいと思っております。  

まずは自己紹介現状のスキルなどを紹介します。

現在は工学部電気工学科に通っており、2016年度よりグロースハッカーとして内定を頂いています。

趣味で釣り、スキー、ギターをやっておりギター系の機材を作りたく電気工学科に入学した経緯があります。

 

大学ではコンピュータ系の主だった授業はなく、回路もアナログをメインにやっていたのでプログラミングの知識はありませんでした

9月からは内定先の会社の支援を頂きスクール(リカレントリナックスアカデミー)へ通いプログラミング基礎としてhtml/CSS/JavaScriptそしてjavaを一通り学ばさせていただきました!

開発環境は最初はターミナル+テキストエディタ、最終的にeclipseを使いjavaの基礎を学び、総復習としてすごく簡単なWEBアプリケーション(通販サイトのようなもの)を作りスクールは終了となりました。

今後はそれら学んだことを復習しながらさらに煮詰めていくとともにandoroidアプリやwebアプリ、ソフトウェアを出来るようにしていきたいと思っております!

また、電気工学科として、また趣味でやっている電気工作のためにもマイコン系も勉強してきたらいいなぁと思っております。

そして現在、同スクールでpostgreSQLを学ぶとともにテストケースを学んでおります。 また、内定先の会社の内定者で活動しているプロジェクト「isharing」を行いつつjavaの復習をしております。   この先はこのブログ「WordPress」を書いていくにあたりSEOを学びたいと思っております。   いろんなこと学んでいきたいです!以上よしときでした!!

「BufferedReader」と「Scanner」の違いって?

こんばんは、うさです。 だんだん寒くなってきて体調を崩す方もちらほらと出てきましたので、 皆さんもくれぐれも注意しましょう!! 僕もなんか鼻声で万全にはほど遠いですが、今日も早速いっちゃいましょう!!   本日は、「java」のソースコードの紹介(今どんなことをしているのか)とそのコードを書いて学んだことを書いていきます。
  import java.io.*; public class Lesson5_7 { public static void main(String[] args) { BufferedReader reader = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in)); try{ System.out.println(“数字を0~6の間で入力してください”); System.out.println(“すると、曜日が表示されます”); String str = reader.readLine(); int week = Integer.parseInt(str); switch(week){ case 0 : System.out.println(“月曜日”); break; case 1 : System.out.println(“火曜日”); break; case 2 : System.out.println(“水曜日”); break; case 3 : System.out.println(“木曜日”); break; case 4 : System.out.println(“金曜日”); break; case 5 : System.out.println(“土曜日”); break; case 6 : System.out.println(“日曜日”); break; default : System.out.println(“0~6の数字を入力してください”); break; } }catch(IOException e){ System.out.println(e); }catch(NumberFormatException e){ System.out.println(“数字を入力してください”); } } }
  結果としては、プログラムを実行すると 「数字を0〜6の間で入力してください」 と表示されるので、0〜6の数字を入力するとそれぞれ対応した曜日が表示される訳ですが、 BufferedReader reader = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in)); のBufferedReaderは今回初めて書きました。 今までは同じような機能でScannerを使っていたんですよね。 違いを調べたところBufferedReaderの方が読み込みが早くScannerの方が多くのメソッドを持っているので、高機能ということらしいですね。 使い分けが難しいですが、プログラムが複雑化していった時に読み込みスピードを求めるかどうかってところでしょうか!! 本日はこれくらいで、以上うさでした。

『ソフトウェアテスト』コストと時間を抑える為に!!

こんばんは、うさです。
本日は、エンジニアの為のおすすめ本!!
ということで、『ソフトウェアテスト』の本を読んで感じたこと、学んだことを書いていきます。

タイトルは「知識ゼロから学ぶ ソフトウェアテスト

著者は「高橋寿一」さん

 
この本は、現在ソフトウェアのテストを行っている方に向けて、

どうしたらテストにかける時間をソフトウェアの品質を落とさずに短くできるのか!!

すなわち、コスト削減ができるのかを高橋さんの経験からわかりやすく述べられています。

 
ですので、未だテストを行ったことのない僕には最初から「このようにテストは行えばいいんだな」という
今後のテストにおける指南書となりました。
 
例えば、ホワイトボックステストにおいて、カバレッジ率は全て80%にすればいいわけではない。
カバレッジテストのコストはカバレッジ率が高ければ反比例して大きくなるから、
高ければいいってものではなく、他のブラックボックステストと会わせて用いることで、
ソフトウェアの品質はあがってくる。
 
この本で感じたことはコードを書くことはいっぱい行えば、どんどん上達するが、
テストに関しては、いくら時間をかけたとしても才能(使いたくはないですが)が必要なのかなと思いました。
その為に、上手なテスト方法を行う為にはどうすればいいのか!!
それがこの本に書かれているんだなと感じました。
実際にテストを行うようになってから読み返して改善していこうと思います。
 
(余談ですが、この本はテスト担当者の観点から書かれているので、開発者には少し酷な文章が存在します。
僕は開発者でもあるので、こういうところに注意すればいいんだなと思いました。)
知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト-【改訂版】-高橋-寿一

『一流のグロースハッカーへの道』〜今日から始めます〜

はじめまして、うさです。

本日からタイトルにも記載した通り、

『一流のグロースハッカーへの道』

ということで、 日記感覚で一日のエンジニアとしてのプロセスと所感を記載していきます。   では、自己紹介から始めます!! 2015年4月からエンジニアで新入社員となります。 入社する前に、エンジニアとしてのスキルを身につける為に、 2014年9月から10月末まで内定先の会社から支援をしていただいて、スクールへ通って「java」の研修を開始しました。 スキルは現在、参考書を見ながらWebアプリケーション(超簡易通販サイト)を作れる程度ですね。 今後、4月の入社までに一人でWebアプリやAndroidアプリを作れるようになることが近しい目標です。   そして、昨日から改めてjavaを一から復習の意味を込めて勉強しています。 また、様々な参考書を用いて、プログラミング以外にも勉強(今はテストケースについて勉強中) 明日から本格的にプロセスと所感を書いていきます。 レイアウトの方もどんどんデザイン性を高めていきたいと思います!! 以上、うさでした。