フロントの勉強はじめました!

こんばんは!かーるです。

初めてHTML,CSSに触れたのは、1年と少し前でした。
書籍を1冊読みながらコーディングを進めていくスタイルのもので、
「簡単やな〜」なんて思っていましたが大間違いでしたね!

今勉強しているのはFLOCSSです。

FLOCSSの構成は次の3つのレイヤー。

1. Foundation

2. Layout

3. Object




1. Foundation
reset.cssなど。ベースの中のベースって感じ!
SMACSSのBaseカテゴリと同じ考え方。

2. Layout
ヘッダー、フッターを例に挙げると1番わかりやすい!
あとはサイドバーなど。
プロジェクトに共通するエリア、スタイルを定義する。

3. Object
ObjectはComponenet,Project,Utirityの3つのレイヤーに分けられる。

・Component
プロジェクト中で繰り返し利用されるパーツ。
よく例に挙げられているのが、button。

・Project
あんまり使わないやつ。
componentとProjectの使い分けがわからなかったのですが、
「あんまり」の頻度をチーム内で3回までとか決めたら良いらしいです!
これトップページでしか使わないよね、、、みたいなものはここ。

・Utility
ComponentとProjectで対処できないものと、スタイルの微調整をここに書く。


実例が公式に詳しく書かれています。
https://github.com/hiloki/flocss


今日はここまで〜

初めてチーム開発して思ったこと②

こんばんは〜

かーるです!

今日は『初めてチーム開発して思ったこと②』ということで、

エンジニアが複数いるからこそ発生した、

「ここ大変だったけど少し考えれば気づくよね、、、、」

と思ったことを書きます!



まず1つめ。じゃじゃん!


『バージョン』


いつも通りAndroid Studioでプロジェクトを開こうとすると、「あれ。。。。」

片方のエンジニアがAndroid Studioのバージョンをアップデートしてたんですね。

他にも色々細かいことがあって、結局元の作業に戻るまで1日費やした記憶があります。。。

これは初心者でもすぐに直せるポイントなので、

私自身、今後のプロジェクトで気をつけていきたいと思います!



2つめ!じゃじゃじゃん!


『コード共有』


そりゃ大事ですよね!

gitをよく勉強しないまま開発に入ってしまい、コード共有が全然出来ていませんでした。。。

基本的な操作方法は少し勉強すれば使えるようになりました。

はじめに勉強時間を取っておけばよかったなあ。。反省。。。

先輩のwarakeさんに教えてもらったgitの学習サイト、

可視化されていてとてもわかりやすかったです〜!

http://k.swd.cc/learnGitBranching-ja/

初心者にぴったり☆

それでは、今日はこのへんで!

初めてチーム開発をして思ったこと①

はじめまして!

エンジニア1年目、大阪出身、マンドリン大好きな「かーる」です!

 

初めてのエンジニアブログです、、、

1年目なりにがんばります!

よろしくお願いします^^!!

 

私たち1年目のエンジニアは、同じく1年目のデザイナーとともに、

0からwebサービスを作る、という企画研修を行っているのですが、

研修も終盤にさしかかり、

「ここ大変だったけど少し考えれば気づくよね、、、、」

と思ったことを2つ書きたいと思います。

 

 

まず1つめ。

 

『テキスト化』

 

私のチームはエンジニア2人、デザイナー1人の3人チームなのですが、

研修が始まったばかりの時は「言った言ってない」の争いがよく起こりました、、、

 

小学生同士の喧嘩にもありそうなことですが、

議事録的なものをとるなど、「テキスト化」をしておけば、この言い争いに時間を取られることもなく、

みんなハッピーな状態で進められます!わーい!

 

 

2つめ。

 

『用語の定義の統一』

 

これも簡単なことですね!

「メロン」と聞いて、黄緑色のメロンを思い浮かべる人がいれば、

オレンジ色のメロンを思い浮かべる人もいる、みたいな感じです。

 

これに関してはどこまで細分化して統一すればいいのか、難しい部分もありますが、

たとえば「明日まで」と言われたときに、

明日の0時と認識する人と明日中と思う人がいたらめっちゃ困る、、、、

「明日まで」の定義を「明日の始業時間」と決めてしまう、とか

時間の場合だと、「明日の◯時」と決めてしまうとかしないといけないということですね。

 

そして、これを『テキスト化』しておけばカンペキ!!

 

ということで、以上、

とても当たり前そうだけど、やってみないとその重要性に気づかなかったりすることでした。

 

次回は、

エンジニアが複数いて「ここ大変だったけど少し考えれば気づくよね、、、、」

と思ったことを書こうと思います!

かーるでした!