【Swift】RKNotificationHubを使ってみた

こんにちは、そるです。
先日、11月8日(火)に自分と同期のデザイナーで作成したiOSアプリ
「GPS鬼ごっこ」を無事にリリースすることができました!!
2人とも初めてで、いろいろな困難や戸惑いがありましたが、なかなかの仕上りに
なっていると思いますので、みなさんぜひダウンロードしてみてください! そこで本日は、アプリの中でも使用しているRKNotificationHubの使い方を書いていこうと思います!
公式ものはObjective-CだったのでSwift版です!  


公式を見たい方はこちら↓(アニメーションなどが視覚的に理解できるので、1度見てみましょう!)  
https://github.com/cwRichardKim/RKNotificationHub  

インストール

何はともあれ、まずはインストール!
自分は、Cocoapodsで管理しているので、管理しているプロジェクトのpodfileに以下を入力する  

コード全体

そしてインストールしたら、プロジェクトを開いて、使用したいViewControllerで書き込んでいくのですが、
一回コードを全文記載して、その後詳細を説明していこうと思います!  

使い方

まずは、RKNotificationHubをインポートします。
その後、RKNotificationHubのインスタンスとバッジをつけたいボタンの宣言をしています。 宣言をしたら、自分の使いたい様にバッジをカスタムしていきます!
ここが一番楽しいときです(笑) ここでは、viewDidLoadでバッジを表示させるhubの初期設定をしています。
setViewで表示させたいViewとバッジの初期値の設定
setCircleColorで背景色と文字色の設定をしています。
試したことが、ないのですが、フォントも変えられるようです! また、hogeボタンを押したときにもメソッドを宣言しています!
hub.decrementでバッジの数を減らし、popするアニメーションを指定しいます。
更にhubのCountが0になったらボタンを使えなくしてみました!  

さらにさらに、

ざっくりと簡単な使い方を書いたのですが、他にも詳細な設定をすることが出来ます!  

調整メソッド

Countの変更

バッジのアニメーション

  こんな感じで、自分が使いたいようにカスタムすることが出来ます!
Xcodeのデフォルトでは、TabBarItemにしかバッジを表示することができなかったので、
すごく良かったです! ライブラリは、導入しても使い方を理解するまでが大変で、構造を理解しないと後々大変になることが大半なのですが、 このライブラリはシンプルで使いやすく、かっこいいバッジを設置することが出来たので良かったです!
よかったら、使ってみてはいかがですか?  

おしまい

Sol

新卒エンジニアのそるてぃです!SwiftでiOSアプリ開発をしてます!!バンドが好きです!特に、MWAM, RADWIMPS, MONOEYESが好きです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です