Vim8.0をインストールしてみた

Vim8.0 インストール

今回は1週間前にメジャーアップデートされたVimについて 今までVimは使わずに何でもIDEを使っていましたが、 そろそろVimで効率よく進めていきたいなということで最新版にアップデートしちゃいたいと思います!! (どんなバグがでるか恐ろしい・・・)

7.4 アンインストール

まずは今まで入っていた7.4をMacのHomebrewでさくっとアンインストールしちゃいます!! ※Homebrewが入っていない方はこちらからインストールしてください

8.0 インストール

続いて8.0をインストールします!! でインストールしてもいいんですが、 とすることで、luaオプションがついてneocompleteが利用できるようになります。 入力補完機能が付くので効率を考えるなら入れた方がいいですね。 待つこと5分・・・ インストール完了しました。 ちゃんと入っているか確認してみましょう。 確かに8.0がインストールできました!!

vimrc 設定

実際に利用するバージョンはどうなっているのか。 とやってみると、 エラーが・・・ 色々調べるとvimrcの設定がおかしいようです。 neocomplcacheを入れたことでvimrcの設定をしないとダメみたいですね。 今回は細かく設定するのはやめて、 neocomplcacheのSetting examplesをそのまま利用しようと思います。 これで無事にエラーを解消できました!! 1時間くらいかかったな・・・

PATH 設定

と改めてやってみると、バージョンは7.4のままです。 まだ今回インストールしたvimにpathを通していないので、 pathを通し直す必要があります。 pathが確認出来ました。 では、ここにpathを通しましょう!! そして、バージョンを改めて確認すると、 8.0になってました!! 今回はこの辺にして、 次回は、Vim8.0の新機能に触れていきたいと思います!!

参考

http://qiita.com/one-a/items/5039dd266b90e18a4242 http://d.hatena.ne.jp/pospome/20150603/1433303040 http://rcmdnk.github.io/blog/2016/09/12/computer-vim/ https://github.com/Shougo/neocomplcache.vim

Usami Go

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です