Google Apps ScriptでAPIをぶっ叩く②

正規表現に絶賛苦戦中のどら(マコト)です. 前回DoorKeeperからGASを使ってイベントの情報を取ってきた 今回はその他のイベントサイトからAPIを叩いて少しこったものにしてみる 今回はこの4つからそれぞれ タイトル、URL、場所、開始時間、終了時間を取ってくる * DoorKeeper * こくちーず * Partake * Zusaar まずソースはこんな感じ requset.gs 最近正規表現の勉強をしたので改めてみてみるとsplitのあたりとかもっとうまくできるなsplit(“[-T]”)とかな まあ動くことは動くということでとりあえずいいでしょう(笑) あとはそれぞれのページにトリガーとなるようなボタンを配置してメソッドを設定してやればよい gas_part2 更新ボタンを押すことで最新の情報を最大100件まで取ってくることができる うんうん!いい仕事したな(笑) 結構GASにいい意味でハマって来たので今はマーケティングを作業の効率化を図るためスクレイピングを試してるところ そのための正規表現なんだけどね、、、

Makoto

2年目のダフったエンジニアです。 主にwebやっとります!最近はswiftだったりいろいろ勉強中! ネズミが毎月1匹づつ増えるアパートに同居人のヨリコ(霊体)と住んでいます。 アニメ、マンガ、映画が好き 特にSF系は大好物です! 夢は義体化と電脳化!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です