Java学習記録~復習:標準クラスを使ってみる

最近APIを叩くことにハマりまくってるドラ(マコト)です。 日付を扱うDateクラスの存在は知っているけど、その時その時調べればいいやとあまり本格的に学ばなかったので、今回はDateクラスについて復習してみる。 どうやらJavaでは日付を扱う方法が4パターンあるらしい 一つがエポックと呼ばれるものである日にちからミリ秒単位で日時情報を表現するものらしい long型を使って表現するためコンピュータにとって扱いやすい 例えばこんな感じ TakeTime.java 結果 ただこれだと年月日時分秒を読み取ることができない そこで使うのがよく見かけるDateクラス このインスタンスはそのまま現時刻を取得することができる またインスタンスを生成する際、long型の引数を持たせてやれば、long値の日時を持つインスタンスを生成することができる UseDate.java 結果 とこんな感じでよく見慣れてる(笑) でもこれでも結局はエポックから経過ミリ秒を使っているのに間違いはないらしく人間が扱うには少し不便だ そこでDateインスタンスから年月日時分秒をそれぞれ抜き出してみる 結果 この他にもString型のインスタンスとしても扱うことができる 結果 といった感じ

Makoto

2年目のダフったエンジニアです。 主にwebやっとります!最近はswiftだったりいろいろ勉強中! ネズミが毎月1匹づつ増えるアパートに同居人のヨリコ(霊体)と住んでいます。 アニメ、マンガ、映画が好き 特にSF系は大好物です! 夢は義体化と電脳化!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です