コンストラクタと静的メンバを実際に使ってみる

ドラ(マコト)です。 今までデータベース接続するdao度に を書いてた. さらにはテスト環境、本番環境の各パラメータの統一ができていなかったため、環境を変えるたびにそれぞれのパラメータを入力していた。流石にこれはダルすぎる… そこでこれまでコンストラクトと静的メソッドを使ってきたことだし、どうにかならないかと思って少しいじってみた。 あとはこれをそれぞれのdaoで使ってやればいい Accessメソッドはクラスメソッドとして使いたかったが、どうにもうまく行かなかったので、無駄にコンストラクタを使ってインスタンス化している、、、 それでもuerNoの値を切り替えるだけでそれぞれの環境の切り替えが楽になる
もっといい方法はあると思うけど、今回はこんなところで勘弁…

株式会社 アイデンティティー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です