Ubuntu 12 を再起動すると画面の明るさが最大になる

経緯

ハードウェアの開発をするにあたり、中古ノートパソコンに Ubuntu をのせて使っています。   毎日起動時に明るさが最大になっているので、暗くし忘れて気がついたら目が痛いという事が何度かありました。   今日も忘れて目が痛いので rc.local にバックライト設定のコマンドを書いてマシンの起動時に無理やり暗くします。  

環境

  • PC: Toshiba 中古

  • OS: Ubuntu 12 LTS

 

設定方法

  どんなバックライトがあるのか確認 今の眩しい状態の値を確認 明るさを変えてみてどちらが使われているか確認 名前からしてもそうですが intel_backlight が使われていました。   なので、rc.local に設定します。 再起動しても眩しくないはず。    

id-entity.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です