【Interop 1日目】これからのIoT

こんにちは、エンジニアの宇佐美です。 久々の投稿となります! 今回のテーマは「IoT」でいきます!! そのIoTについて色々勉強すべく、 【Interop】 という最新技術の情報通信イベントに参加してきました!! そこで、感じたことをまとめていきます! 会場には数百社に分かれたブースがあるのですが、 そこで数多くの技術に触れ合うことができました。 まず、1つ目が「キーボードアプリ」です。 ここは、現在の事業に関わるのではないかと考えて伺いました。 どんなものであったのかと申しますと、 スマホにおいてキーボード入力をした際、 誤字があったことに後で気付いたら、 誤字を修正した後の単語を入力してスワイプすることで、 単語毎に検索をかけ、修正したい単語と入れ替えてくれるというものでした。 長文になればなるほどこの機能が役に立ってくるのではないかと思いました。 技術的に単語をどれだけ正確に判断できるのかが、 とても難しいところだと実感致しました。 次に2つ目として「IoTのクラウドサービス」です。 概要としては、 ウェアラブルやセンサー情報等の 生データをクラウド上にアップして、 そのデータを必要としている人が 情報提供者に対して、データに見合う対価を支払います。 それによってwin、winの関係を構築するというものでした。 そこで感じたところは次の通りです。
  • 開発会社はSDKなどの情報を公開して、 どんな人でもそのサービスと連携させることができる
  • どんな人でも情報提供者となることができ、 例えば、ビッグデータを持っている企業でも情報提供者となることができます
  • 即時性を重要視している為、 常に最新のデータが入手可能
  • 開発側ではストレージを利用せず、 個人情報は決して蓄積をしない
  • 情報提供の際、個人情報については 開示したくない場合は、数的データのみの提供は可能
といったところに感心致しました。 今後は、IoTという観点で クラウドサービスを利用していく機会はあると思うので、 そういった部分にも目を向けていきます!! 続いて、「Interop」には基調講演が逐一開催されており、 3つの講演に行ってきました。 まず、一つ目が「堀江貴文」の 「IoTの未来」についての講演でした。 そこで、学んだことは近い未来(5年前後)の内に 自動化の技術によって、 コンビニのレジ内の仕事がなくなったり、 物流においてピッキング作業や配送作業までもが 自動化されて、人間の力が必要なくなる世の中になる というものでした。 現状、なかなか考えられない光景ですが、 スマホの普及の仕方を考えれば 可能性は十分にあると感じてしまいました。 また、現在の仕事のあり方についても話していました。 現在の人間の仕事は 100年前の百姓から比べれば、 遊んでいるように見えるだろうとのこと。 そして未来の人間の仕事は 今の人間からすれば 遊んでいるように見えるはずだと。 つまり、人間はもっと遊んでいるような仕事をしなければならない。 もちろん、遊ぶわけではないが 今後は他から遊んでいるように見られる仕事をして、 世の中をより便利で快適なものにしていこうと思いました。 2つ目の講演は「IoTデバイスに組み込む全自動半導体チップ」の紹介でした。 そこでのお話は、 100年単位で世の中の概念は変わっていくとのこと。 そして、21世紀の新しい概念というのは、 「調整不要で決して止まることのない」 そんな技術である。 例えば、エアコンに関して言えば、 常にモニタリングをおこない分析をする。 その分析結果から導き出された結果から出力の量や仕方を変更する。 また、ミスというものが決しておこらない。 つまり、リモコンなんでものは必要なくなります。 そこで、開発されたのが「モノとモノが会話する半導体チップ」です。 そのチップを利用することで、 デバイスとして全自動化し、 組み込みの汎用性の高いものとなります。 3つ目に見た講演は「IT技術者の教育・育成」といったテーマであり、 4人の方のパネルディスカッション方式でした。 内容と致しましては、 IT人材における「3ない」である、 集まらない・見つからない・育たない がある。 「育たない」に関して モチベーション・体系・機会 を与えてやる必要がある。 それには、IT技術のみの蓄積だけでは足りず、 プランニング能力やビジョニング能力も必要。 その為にジョブローテーションもおこなうことも 重要なことである。 このように、 ブースで幅広い知識を見て回り、 講演でより深く理解することが出来ました!! 今回のInteropで 未来の可能性を再確認致しました。 今後は、新たな可能性を信じて、 今自分に出来ることをやっていきます!! 以上です。

Usami Go

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です