iOS 〜Mapの利用〜

こんにちは、本日はiOS8で「Map」の利用を行いました。 ここで問題が起きまして、 普通にマップ自体は表示できるのですが、 マップである地点をフォローボタンで現在地として設定したところ、 そのボタンを押すとエラーが出て、 その場所を表示できないのです。 このようなエラーメッセージが出てしまいました。 今利用している書籍はiOS7に対応しているもので、 iOS8から位置情報の取得の仕方が変わったらしいのです。 iOS7までがこの2パターンだったのに対し
  • 常に許可
  • 許可しない
iOS8では
  • 使用中のみ許可
  • 常に許可
  • 許可しない
の3パターンになってしまいました。 ということで、どうやれば位置情報を取得して 許可できるのかというと スクリーンショット 2015-02-04 16.03.12 画像の左にあるプロジェクトナビゲータのinfo.plistを開いて スクリーンショット 2015-02-04 16.04.01 赤く囲んである2つ追加します。 これらは、位置情報を常に許可するものとアプリを使用中のみ許可するものになります。 これを入れる事で、 デバイスの「プライバシー」>「位置情報」で取得できるようになります。 しかし、この状態だと、 わざわざ、設定の変更をしなければならないので、 Objective-Cのコード入力で位置情報が許可されているかどうかを確認して 許可されていなければ、常に許可や使用中のみ許可にすることが出来るようなのです。 しかし、色々試してみたのですが、どうもうまくいかなかったので、 今回は諦めてObjective-Cの知識がもっと付いた時にしっかりと理解しながら そのコードを書いて設定していきたいと思います。 因に今回書いたコードはこちらです。 左下に設定した位置情報のポイントに移動して、 右下は経度、緯度をブックマークした地点に移動します。 スクリーンショット 2015-02-04 16.20.33スクリーンショット 2015-02-04 16.21.30スクリーンショット 2015-02-04 16.21.40 (左:起動後のページ、中央:「Follow」でフォローした場所、右:ブックマークした場所) また今回の事については調べていきたいと思います。 以上うさでした。

Usami Go

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です