スクリーンショット 2015-01-27 13.57.07

Android 〜日付と時刻の取得〜

こんにちは、うさです。 本日は、ダイアログの表示において カレンダーから日付と時刻を取得するコードを紹介します。 まずはレイアウトファイルであるXMLがこちらになります。 レイアウトは見やすいように作っていきます。 僕は参考書通りに配置をしました。 続いて、処理を行うJavaのコードです。 上から重要なポイントをひとつひとつ見ていきます まずは、 varDateSetListener = new DatePickerDialog.OnDateSetListener() で日付設定ダイアログのOKボタンがクリックされたことを検知する為のインスタンスを生成 続いて public void onDateSet(DatePicker view , int year , int monthOfYear , int dayOfMonth){ editText.setText(year + “/” + (monthOfYear + 1) + “/” + dayOfMonth); でonDateSet()でダイアログで設定された日付パラメーターをエディットテキストに書き込む Calendar calendar = Calendar.getInstance(); は現在の日付データを取得しています。 DatePickerDialog dateDialog = new DatePickerDialog( MainActivity.this, varDateSetListener, calendar.get(Calendar.YEAR), calendar.get(Calendar.MONTH), calendar.get(Calendar.DAY_OF_MONTH) ); こちらは、日付ダイアログのインスタンスを生成しています。 dateDialog.show(); で、日付設定ダイアログを表示しています。 また、基本的に日付と時刻データの取得同じように行っていきます。 そして、起動させた時のエミュレータ上の画面はこちらになります。 スクリーンショット 2015-01-27 13.57.07 日付ボタンを押したら日付ダイアログが表示されます。 スクリーンショット 2015-01-27 13.57.20 「OK」を押すとエディットテキストに選択した日付が表示されます スクリーンショット 2015-01-27 13.57.40 同じように時刻ボタンを押すと時計の表示が出てきて、時刻を指定できます。 スクリーンショット 2015-01-27 13.57.49 すると、時刻の表示がされます。 スクリーンショット 2015-01-27 13.58.01 アプリを開発する際は時刻の取得と表示は必要になると思うので、 なんとなくでもいいので覚えておく。 以上うさでした。
スクリーンショット 2015-01-26 18.50.11

Android ダイアログをいくつか

こんにちは、うさです。 本日もAndroidの基本的な機能を勉強しております。 本日は主にダイアログについて!! まずは、チェックボックスを使ったダイアログ スクリーンショット 2015-01-26 18.50.11 パラメーターを全て「false」に設定してあり [ALERT DIALOG]のボタンをクリックするとダイアログが次の図のように表示されます。 スクリーンショット 2015-01-26 18.51.38 チェックして「OK」を押すと、「false」が「true」に変わるというものです。 スクリーンショット 2015-01-26 18.54.54 ダイアログは基本的なところになるで、どんな機能があるのかを把握していく。 また、オリジナルなダイアログも作れるので、その作り方も覚えてそれぞれのアプリに合ったダイアログを利用していく。     続いては、プログレスダイアログという時間のかかる処理の進捗状況を伝えるものを作っていきます。 「show」ボタンを押すと、右図のように時間経過とともにバーが動いていきます。 スクリーンショット 2015-01-26 18.59.45 スクリーンショット 2015-01-26 18.59.35 ソースコードを記載します。 CountDownTimer(10000 , 10)で 処理が終わるまでの時間(ミリ秒)と稼働中の処理を行う間隔を決定しています。    
blog 2015-01-26 17.44.03

Android ユーザーインターフェース

こんにちは!よしときです!今日は先日の続きのandroidのアプリを作る為の勉強をしていました。 今はひたすらユーザーインターフェースを使ってみるということでサンプルのコードを沢山書いてエミュレータで動かしてみています。 の、前にまずは前回からの続きで基本APIを紹介   こちらはスマフォ独特のジェスチャーを利用した物でどうジェスチャーされたかを表示させるものを作りました。 blog 2015-01-26 9.40.17     次にサーフェイスビューの利用ということでこちら surface アイコンが動くようになっています!今回は撮った画像をフォトショでGIF動画にしたのでクリックすると動きますが、撮った枚数とタイミングが悪いのでとびとびですw 本当は規則正しく動いています。   ともかく。サーフェイスビューを使うと高速な連続描画ができるらしいです。昔は当然だと思っていましたが、今考えると沢山動くだけでもすごいということが分かります。   次にユーザーインターフェースの利用ということで テキストビューとイメージビューを使い表示させ、クリックするとダイアログが表示されるプログラムを作成 blog 2015-01-26 13.46.46       これは使っている本が少し古いので非推奨がでまくりで辛かった。。今回書いたコードは役立つか分からないのですが、こういうことが出来るということがわかったのでよしとします。   お次はチェックボックスとラジオボタンとスピナーというものを作りました。 スピナーっていうとルアーしか思い浮かばないんですがね。。   blog 2015-01-26 14.22.19 blog 2015-01-26 14.22.29 このように選んだ物がダイアログで表示されます。 これも非推奨のオンパレードw でもツールとか使うときはこういうの沢山使いそうなので覚えておきます!!   さて、次は似たような感じでテキストエディットです blog 2015-01-26 14.39.07 blog 2015-01-26 14.39.14   入力されたテキストがダイアログに表示されるというシンプルな物。 これも非推(ry   どんどんいきます!   次はWEBビュー! HTMLを表示させるものです! blog 2015-01-26 15.31.44   今回はyahooに飛んでみました。エミュレータ内のブラウザではなく、打ったソースからちゃんと飛べたので満足です。 これはAndroidManifest.xmlへ追記する必要があったのが難しかったですね。というより全く理解できない。。 xmlについてはいずれまた学んだ方が良さそうですね。。   つぎはアクションバーの利用。これは微妙にうまくいったのかどうか。。。 blog 2015-01-26 16.19.01   メニューボタンを押すとこのようにアイテムが表示されクリックするとダイアログがでます。端末のメニューボタンが無いとアレなんですが、、 本当はアクションバーにも表示されるはずなんですがうまくいかない。。。バージョンの違いでずいぶん書き方が違うようなのでこれも先送りにしておきます。。     最後にリストビューとグリッドビューとギャラリーを利用したプログラムです! 複数の要素をそれぞれの方法で表示させます。 これは自信があったのですが、1とiを間違えて打って全部「要素1」に。。   blog 2015-01-26 17.43.34 blog 2015-01-26 17.44.12 blog 2015-01-26 17.44.03 blog 2015-01-26 17.43.43   こんな感じです。 初めてActivityがメイン以外にも出てきたのでこれまたAndroidManifest.xmlの編集を。。それぞれ使うActivityを登録してあげる訳ですねー。 やっぱりアプリつくるならこのxml系も勉強しないとですね! 徐々に覚えていきたいと思います!   本日は以上!すごく沢山ソースを書いたので疲れましたーーー    

iOSアプリ開発~Xcode導入編~

久しぶりの投稿イノマーです。 他の2人がAndroid開発に取り組むなか少し遅れて 今月からiOSアプリ開発の研修に入りました。 以前からObjective-Cの学習を進めていたのですが、最近になってアップルがSwiftなる言語を発表したため、どちらを勉強するか迷っていたのですが、Objective-Cの学習が途中ということもありとりあえずはこっちを優先してやろうと言うことになりました。 (実は密かにSwiftの学習も進めています、、、) 学習書籍 1年前に購入した書籍なのでiOS7とXCode5とバージョンは少し古いのですが、日本語に対応していないXCodeの使い方が分かりやすく書かれているためとても重宝しています。 ちなみにSwiftはこちら Xcode導入 特に初期設定などはなくAppストアから落としてすぐに使えます。 ただ日本語に対応していないので使い方に慣れるのに時間がかかりそうです、、、 ということで早速簡単なものを作ってみよう!ということで スイッチのオン/オフで背景が変わるアプリを作ってみました。 ColorLight ※画像をクリックすると動作します。 Switchオブジェクトを配置して 以下のコードを入力するだけなので簡単に作成することができました! しかし戦いはこれからです、、、 一度挫折したObjective-Cの壁が立ちはだかります、、、 つづく
postcard

グラフィック研修

  こんにちは。ヨシトキです!   同期に遅れて本日リカレントさんにてグラフィック研修を終えてきました! 具体的にはイラストレーターとPhotoshopの基本的な操作を覚えると言った内容ですが、実際に現場で使っている方法なども聞けたのですごく身になりました。 では実際に作ってみた物をのせますー     postcard   これはPhotoshopでポストカードを作ろう!ということで作ったもの。 元の画像は
  • 画面に何も映っていないiPad
  • 指の画像
  • ピアノの写真×2
  • 机の画像
です!それぞれを合成してiPadに招待状が映し出されるような構成にしました! 詰め込みすぎて何がなんだか分かりませんし、今思えばもっとメインによらないと意味ないじゃん!と思いますw でも我ながらそこそこうまく出来たんじゃないかと思います。光の反射の使い方は勉強になりました。     次にイラストレーターでCDジャケットを作ってみました jaket2 jaket     二種類作ってみました!画質荒くなってしまいましたが、、 こだわったのはお手製のフォントでしょうかw まー実際著作権怖くて実際には使えないのですが練習材料としてはOKですよねw   そんなこんなであっという間の6コマが終わり基本の使い方は覚えたとはいえ、フォトショとイラレの使い方は無限大! 定番の使い方や学び方も沢山あるので適度に遊び半分でたのしんで使っていこうと思います!!

Android 〜ウィジェットの学習〜

こんにちは、うさです。 本日はAndroidのウィジェット機能について AndroidStudioを利用して勉強しました。 例えばチェックボックスやラジオボタンを使っていくわけなのですが、 スクリーンショット 2015-01-23 17.45.52 このように左のウィジェットをドラッグして指定の位置にドロップするだけで簡単に機能を追加できてしまいました。 更に右のpropertiesで「id」や「text」を変えられるため、 この画面のレイアウトをしている『activity_main.xml』のコードを書いたり変更したりする必要がありませんでした。 後は、Javaでプログラミングをして処理をさせればいいわけですね。 まずは基本的なウィジェットを覚えて、グラフィックスやダイアログを用いての処理に移っていきます。

Android開発でエミュレータ起動を速く!!

こんにちはうさです。 昨日から始めたAndroidですが、 コードを書いて実行させるときはエミュレータなるものに表示をさせるわけですが、 まず起動させてみると、非常に遅いんですよ!! だいたい2、3分くらいかかってるのではないでしょうか!! 遅い時は10分なんてことも!! なので、少しでも速く起動させる為にプラグインを使っていきます。 こちらの記事を参考にさせていただきました。 ほぼ100%この通りにやれば簡単に設定できてしまいます。 こちらの記事にも書かれている通り、20秒かからないくらいで エミュレータが起動できてしまうので、是非入れたいプラグインですね。 Androidとは関係ないのですが、 本日、Javaで気になった事があったので、 メも程度に!! それは、数値を文字列化するメソッドです。 今までは、例えば と記述していましたが、 今使っている参考書では とvalueOf()を用いており何が違うのか調べてみました。 基本的な処理に関しては同じ結果になります。 違いとしては valueOf()はtoString()を呼び出して処理をしているということです。 すると、処理の仕方として、 valueOf()は数値を文字列に変換しているといったもので、 toString()は数値からStringオブジェクトを生成しているものだということです。 また、型の違う別の変換を渡してしまった時は valueOfはコンパイルを通してしまうらしいです。 結論としてはどっちを使ってもいいと思いますが、 プロジェクト内では統一した方がいいとのことです!! 以上うさでした。
blog 2015-01-22 17.00.43

Androidはじめました

こんにちは!よしときです。 今日からAndroidのアプリを作るための勉強をはじめました。   開発環境は
  • OS:Mac OS 10.9.5
  • IDE:Eclipse Luna 4.4.1
  • Java:JDK 8
  • SDK:Android 4.4 and 5.0
で行っていきます!   毎度おなじみ最初が一番大変なんですよね。。 というわけでSDK(Software Development Kit)をダウロードしてエクリプスに対応させるべくADT(Android Development Tools)をインストールして対応させました。からのAVD(Android Virtual Device)を設定してエミュレータを起動!!   blog 2015-01-22 17.00.43   わーかっこいいーーw ここまででも結構時間かかっちゃいました。 エミュレータを起動する際に最初にどんなタイプにするか設定するのですが、その中でCPUが適切でない(?)ものだと起動にものすごい時間がかかってしまって、動作させることができなかったりしました。   ネットで調べたりしてなんとか解決して次のステップへ。  

Hello World!!

  プログラミングをはじめると沢山みるこの言葉。ぶっちゃけ最初はなんじゃいと思いましたが、動作確認のことをこう呼ぶのですね。 というわけでエミュレータでHello Worldを表示させてみました。   といってもEclipseで新規Androidアプリケーションプロジェクトを作成すると自動でHelloWorldが生成されるので本当に作って起動するだけなんですけどね。 でもせっかくなのでmainActivityの名前を変えて一から書いてみてました!   名前をかえるとxmlファイルの方でも参照名を変えたりでめんどくさかったので次からは生成時に名前を変えてしまおうと心に決めました。   さぁ、次に行いましたのは文字を書いたり線を引いたり図形を書いたり。。 blog 2015-01-22 17.02.22   ふむふむ。やっぱとにかく書いてみるとだんだん分かってきますね。 起動して動作する順序とかなんとなーーーーーく分かった気がしてきました。     次に画像を載せたりそれを拡大縮小したりしまして、(省略   キーイベントの処理を行うプログラムを作りました!! blog 2015-01-22 17.01.14   押したキーのkeycodeが表示されるというプログラムです。 おーこういう仕組みなんですねー。。。楽しい!!写真のせても全く伝わらないですねw キーを離してしまうと1に戻ってしまうのでこれしか取れませんでした。。   今日は最後にタッチしているところの座標を表示するプログラムを作って終了です! こっちのほうがゲームとかには使いそうですね!!   今はただ機能を追っているだけですが、早く遊べたり使えるツールを作ってみたいです!そのためにかいてかいて書きまくるぞーーー     追記 PCレンズ眼鏡なるものを買ったのですがいいですね!疲れにくいです! しかし! 腰が痛い!!! 腰対策もしてみようと思います。。

AndroidStudioとは

こんにちはうさです。 本日からAndroidアプリの開発をすべく勉強していきます。 僕はいつも開発環境設定でつまずいてしまい、時間がとてもかかってしまいます。 今回も新しくAndriod開発を始めるという事で、 少々時間はかかりました。 しかし、今回参考にさせていただいている本はとても丁寧に解説してあり、 今までよりは早く環境設定ができました。 今までeclipseで何でもコードを書いていたのですが、 この参考書は「Android Studio」という2014年12月にGoogleが出した開発環境で記載されているため、 まずはeclipseではなくAndroid Studioで頑張っていきます。 この開発環境のいいところは書いているコードがリアルタイムで スクリーンショット 2015-01-21 16.47.35 このようにプレビューとして映し出されるところですかね。 わざわざ更新する手間が省けますね。 まだまだ、始めたばかりでどんな機能があるかはわかりませんが、 何が出来るのかとても楽しみであります。 また、AndroidStudioはメニューなど全て英語で書かれているため、 eclipse同様日本語化を試みましたが、 完全に日本語にはなりませんでした。(一部日本語か成功) もしかしたら他にやり方やプラグインがあるかもしれないので、 今後、完全に日本語かできるように色々試していきたいと思います。
blog 2015-01-21 10.55.56

初めてのゲーム作り

こんにちは!よしときです。 本日はミニゲームをいくつか作ったので(教科書通り作っただけですが)紹介いたします。   まず最初にこちら! blog 2015-01-21 10.55.56   何だと思いますか?w これだけじゃ分からないですね!   起動して遊んでいる途中を撮ってみました blog 2015-01-21 10.57.09   お分かりでしょうか!正式名は分かりませんが、「S」を動かして「+」に当たると「S」が増えていくゲームです。 壁やのびてきた自分の体に当たるとゲームオーバー!昔ありましたよね。こういうゲーム。 ともかく!これが記念すべき最初のゲームとなりました。 たったこれだけでも結構なソース量になるんですね。。   そしてもちろんのこと一発でうまく行くはずも無く、、、でも折角の機会なのでデバック作業も練習ということで頑張りました!(大抵はスペルミスや、大文字小文字のミスでした)   しかし!一つだけどうしても直らなかったのが左師の「p」   誰だお前(°_°)って感じです。 なんでだろうなぁ。。結局気にしないで次に行きました!   今の目標はとにかくソースを書きまくることなので!   さぁ、次に作りましたのはこちら blog 2015-01-21 12.10.28     なんのこっちゃですよねww これはうまくキャプが取れなかったやつです。絶えず動いてるやつは撮りづらい。。   実際何のゲームだか説明はしづらいのですが、むかし「針通し」ってゲームやったことありませんか? それと似たような物でボタンを押していると上昇、離すと下降で壁に当たるとGameOverで時間が経つと壁がせまくなっていくやつです。 これもだいぶ失敗してようやく動きました。いやー頑張ったw     さて!次はみなさんおなじみの blog 2015-01-21 14.14.57 blog 2015-01-21 14.18.19   マインスイーパーっす!名前だけ変えました。怖いのでw これは結構簡単かな。と思いきや、後でマス目や爆弾の数を変えられるようなソースになっているので結構大変でした。 ついつい遊んじゃいますね。いやいやデバックですよ?ww   最後にこちら blog 2015-01-21 15.44.53 blog 2015-01-21 15.45.49 ブロック崩し!! 元祖ゲームって感じですねw   これは作ってみて初めて知ったことが沢山あって楽しかったです!その文ソースの量は今までの倍くらいで大変でしたが、、、おかげでデバックツールを使うことを覚えましたw   自分で作っておいてなんですが、難しくて全然クリアできないw クリアできるように適度に調整してみました。 こういうところも楽しいですね!   ということで一応今回でJavaScriptの勉強を終わりとしまして   次はAndroidのアプリを作ってみる為の勉強をはじめようと思います!乞うご期待!!   あ、最初の蛇のゲームのソースコードをあげてみます。pの理由分かる方教えてくださいw   JavaScriptソース   HTMLソース