Android アクティビティ(アプリを実行)

こんにちは、うさです。 本日で今まで使っていた参考書が一通り終了しまして、 その最後のコンテンツが「アクティビティ」となります。 まず1つ目は、テキストデータの受け渡しのアクティビティです。 これはいくかの「XMLファイル(レイアウト)」を用意して、 それぞれの画面に移動するというものです。 まずは、メインページのコードです。 ボタンを3つ用意してそれぞれ違うページへ移動できるようにJavaで処理を行います。 スクリーンショット 2015-01-30 16.28.45 そして下記のコードがメインページに置けるjavaコードです。 こちらのコードで重要なのは です。 インテントを生成して、Intent()の第1引数でContextクラスのインスタンス、第2引数で対象のアクティビティが定義されています。 ここでは、「Activity1.class」を呼んでいます。 そして、その「Activity1」がこちらです。 finish()により、アクティビティが終了(停止状態)となり、元の画面へと移動する事になる。 その画面がこちら スクリーンショット 2015-01-30 16.36.06 ページは3つ作ったのですが、全て同じ画面表示と処理なので1つだけの記載とします。 続いては他のアプリケーションを呼んでアクティビティに表示します。 「http://」から始まる文字列を記入すると、Webブラウザを起動します。 また、「検索実行ボタン」の上に文字列を記入してボタンを押すと、ブラウザでそのキーワードを検索します。 そのレイアウトの「XMLファイル」がこちら スクリーンショット 2015-01-30 17.10.30 そして、ボタンクリックによりアプリを呼び出す為のコードを以下に示します。 それぞれの処理を見ていきます。 「ACTION_VIEW」でデータ表示というアクションを 「Uri.parse()」でテキストへ入力された文字列をURI形式に変更しています。 「検索実行ボタン」の処理はこちらで Web検索を指定するアクションの「ACTION_WEB_SEARCH」、 「putExtra()」でインテントに格納しています。 その第1引数の「SearchManager.QUERY」は検索文字列を示しており、第2引数で啓作文字列を設定しています。 本日で一通り終えたので、よりJavaの知識を身につける事とiOSの勉強に入っていきます。 以上うさでした。

Usami Go

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です