Android開発でエミュレータ起動を速く!!

こんにちはうさです。 昨日から始めたAndroidですが、 コードを書いて実行させるときはエミュレータなるものに表示をさせるわけですが、 まず起動させてみると、非常に遅いんですよ!! だいたい2、3分くらいかかってるのではないでしょうか!! 遅い時は10分なんてことも!! なので、少しでも速く起動させる為にプラグインを使っていきます。 こちらの記事を参考にさせていただきました。 ほぼ100%この通りにやれば簡単に設定できてしまいます。 こちらの記事にも書かれている通り、20秒かからないくらいで エミュレータが起動できてしまうので、是非入れたいプラグインですね。 Androidとは関係ないのですが、 本日、Javaで気になった事があったので、 メも程度に!! それは、数値を文字列化するメソッドです。 今までは、例えば と記述していましたが、 今使っている参考書では とvalueOf()を用いており何が違うのか調べてみました。 基本的な処理に関しては同じ結果になります。 違いとしては valueOf()はtoString()を呼び出して処理をしているということです。 すると、処理の仕方として、 valueOf()は数値を文字列に変換しているといったもので、 toString()は数値からStringオブジェクトを生成しているものだということです。 また、型の違う別の変換を渡してしまった時は valueOfはコンパイルを通してしまうらしいです。 結論としてはどっちを使ってもいいと思いますが、 プロジェクト内では統一した方がいいとのことです!! 以上うさでした。

Usami Go

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です