Struts2始めました

こんにちは。よしときです! 今日からStruts2を始めました。とはいえ10個のフレームワークをやるのでさわりだけなのですが、、 ということで今回は導入ということでStruts2の構成を学んで少しだけ使ってみました。 前回やったStrutsの構成は
  • [Model]アクションフォーム
  • [View]JSP
  • [Controller]アクションクラス(アクションサーブレット)
となっていました。 今回学ぶStruts2は
  • [Model]
  • [view]JSP
  • [Controller]アクション(インターセプタ)
となっているようです。 Modelにあたる部分がないんですねー、アクションのファイルにbeanがあるのでcontroller部分と一緒になってるのかな。という感じがしました。 構成が分かったところで実際に書いていってみました。 まずは表示部分を! タグライブラリーの宣言(taglibのとこ)が簡単になってる!これは嬉しいw やってることは簡単ですね!labelがテキストを表示させるとこでtextfieldが入力するとこです。 次にアクションクラスを作ります お、これまた簡単! text1とfield1というフィールドをつくり、そのアクセサを作ってますね。 んでもういっちょexcuteというメソッドを作ってます。 これはtext1にfieldからゲットした情報をセットするんですねー、特徴はreturnですね! 意味はpage1という名前のページ遷移を行う。とのこと!うん!わからん! 本には「アクション時のページ移動を登録しておきexecuteでreturnする際にその名前を指定することでページ遷移を行えるようになっています。」と うーん、、ページ遷移ねぇ、、 とりあえず次にいって、sturts.xmlの作成。 これで設定とか決めていくようです。 おおお?resultのところにpage1の姿が!!!これか!!! この部分でpage1というワードが来たらpage1.jspを表示となっているようです。おおーーー納得!!! よかったよかった。 そしてあとはweb.xmlを編集して(難しいので割愛)表示! ドーーン StartStruts2 おーーー!気持ちStrutsより簡単だった気がしますけど慣れてきただけですかね? ただ設定がやっぱめんどくさいですね。xmlとか触ったことないですし。 以上!スピードあげてくのでこの辺で!

id-entity.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です