Javaフレームワーク入門

Javaフレームワーク入門

はい!イノマーです!
ある程度javaの勉強をしてきたところでせっかくのなのでサーバーサイドの開発の勉強にも力を入れようと最近これを使って勉強しています。

こちらの書籍では環境開発であるEclipseを使用することを前提に10種類のフレームワークが紹介されています。

1つひとつが入門には最適の難易度で紹介されていますが、ある程度JSP/サーブレットの勉強をされた方にお勧めします。(JSP/サーブレットの勉強はしたけど忘れている部分も多かったので、、、)

そもそもフレームワークとはなぜ必要なんでしょう?

フレームワークとは?

フレームワークとは『枠組み』という意味で今となっては広く使われていますが、プログラミングでのフレームワークとは、簡単に高度な処理を実現出来るよう提供されたソフトウェアのこと。
機能だけを提供するライブラリーとは違い、フレームワークは仕組みそのものを提供するものと思っていいかもしれません。
一般的にJSP/サーブレットでは開発者が全体の構成を考え、用意されている機能を組み合わせプログラミングを行っていかなければなりませんが、フレームワークは機能だけでなく仕組みそのものを持っているため、プログラムを制御し、機能の呼び出してくれるので開発者はそれにしたがってプログラムを組むだけです。
そのため開発に費やす労力と時間の削減が出来るわけです!

様々なフレームワーク


    Struts

Webアプリケーションの基本的な仕組みを提供するフレームワーク
バージョンが現時点で1.3と2とあるが、2はもともとOpenSymphonyが開発していた「webwork2」というものをapacheが引き継ぎ「Struts2」として公開したものなので全く別ものと考えていいと思います。 (まだStruts1.3の勉強中で使ったこともないですが、、、)


    JavaServer Faces(JSF)

Java EEから標準機能として提供されているGUI機能に特徴のあるフレームワーク


    Hibernate(ハイバネート)

データベースアクセスに関するフレームワーク

・・・などなどこの一冊で広く学べるかなと思います。
今後はフレームワークに学習に合わせた内容を更新していきます。


株式会社 アイデンティティー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です