例外処理

こんにちはヨシトキです。 今回は例外処理について学びましたのでその中で面白かった記述を報告いたします。  

デバックプリント

プログラムが今どこを走っているのかを知る為の方法であちこちにSystem.out.printlnを表示させることで、例外処理を連結させると便利です。 どこに飛ぶのか分かりづらいプログラムはこの方法を使っていきたいと思います。  

マニュアル

クラスのマニュアルを見ると色々な情報が乗っています。その中のthrows節によって、そのクラスがどの例外に投げられるかが分かります。  

throw

例外を自ら起こします。正直なんのことやら。と思ったのですが、調べてみると色々つかいかたがあるようで。。 基本的にはメソッドの中のif文に組み込んで使うらしく、そのメソッド内では処理をしない為にthrows節と組み合わせて使うようです。 動きとしては mainメソッド{try文{ Aメソッドを使用} → Aメソッドthrows Exception(AメソッドではExceptionをスルーしますよーってこと){→ Aメソッド内部  if (〜){throw new Exception(); (もし〜ならException発生)→Aメソッドをスルーしてmainメソッドに戻る → mainメソッドのcatchでキャッチして例外処理をする。 public static void main Test(String[] args){  try{   Amethod(~);  }catch(Exception e){   System.out.println(e);  } } static void Amethod(int a) throws Exception{  if(~){   throw new Exception();  } こんな感じなのですが分かりますでしょうか。単純な話のようで自分は結構理解するのに時間がかかってしまいました。。   例外は様々な種類があるだけでなく自分で作って使うこともあるらしいのでとても奥が深そうです。 ただ知るだけでなく、時々で使い方も勉強していこうと思います。

id-entity.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です