プログラミング初学者の隙間時間の利用法

こんばんは グロースハッカー3人目のイノマーです! 出遅れてしまいましたが、二人に負けないようにがんばっていきます!   今日はプログラミングを意識して日頃やっているトレーニングを紹介します。   プログラミングが楽しすぎて、正直言うと、四六時中何者にも邪魔されずにコードを書いていたいくらいです。笑 移動中の車内やお風呂に入っているときでさえやりたくて溜まりません。(ちょっと言い過ぎ、、、実際にやってる人は知っていますが笑) でもさすがに難しい、、、 そのかわり隙間時間を使い、コチラで頭の体操をしています。 タイトルからやる気をそそられますね笑 プログラミング初学者にとってはまだ特に必要のない部分かもしれませんが、いずれ論理的思考が身に付いているかどうかは大きな違いになってくるはずと思い、プログラミングを学習し始めたときからこういった書物を読んでいるのですが、これがなかなか面白い。 内容は複数のケーキを相手より、より多く食べるには限られた選択権がある側と切り分ける側のどちらが論理的に優位かなど本当に良くある論理パズル 難易度もピンきりで30分の移動時間で1問も解けないなんてこともよくあるほど、、、 ただやりがいはあります!笑 いかに早く論理的に答えを導きだせるかなので30分が1つの区切りとしてちょうどいい ポイントは大学受験で活用した数学のチャート式の使い方とは違い、分からなかったらすぐ答えをみるのではなく、30分間のうち10分は考えること はじめのうちは考えられるパターンや解法をすべて試すことです。 どうしても答えを導きだせなかったら、解答をみましょう! 親切な解釈付きなので解答を読むだけでかなり論理的思考が養われます。   他にも     こちらは全体的になぞなぞ要素が強いもののゲーム感覚としてはかなり楽しめる1冊   コードを書けない空き時間にはこう言った学習をしています!        

株式会社 アイデンティティー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です